必要な人材は社員教育で作る!

人間と人間が長期的な関係を作る基本

昨今は色々な会社が使い捨ての人材を安易に外部の人材派遣から調達しようとしています。そのような一時的な関係に慣れきってしまうことにより、現場の社員も派遣される側の社員も、なかなか一つの仕事に利害関係を超えたモチベーションを見出しにくい世の中になっています。 そうした中、長期的な関係を見据えて社員教育に力を入れる企業が見直され始めています。人間関係の基本にあるものは、利害関係だけではなく、より情緒的なものです。たとえ時間がかかっても、一から教育をするコストを背負うことによって、社員の側にも帰属意識が芽生え、また感謝の気持ちも強くなります。そうした社員は長期的に会社に利益をもたらしてくれますし、社内の雰囲気を良くしてくれる大切な存在です。

先輩と後輩がいることによる長期的な好循環

均質な社員教育を受けたスタッフは、同じ理念を共有するので、非常に結束が固くなります。結束が固くなれば、上司と部下との関係もスムーズになり、特殊な社内ノウハウの伝達も非常にスムーズになります。またその社員教育も、外部のスタッフではなく、社内のスタッフがプログラムを作ることにより、年々と改善されていき、質が上がっていくことが多いと言われています。 一時期は社員研修プログラムを外部調達で丸投げしていた企業が多数ありましたが、長期的に成功している企業は新入社員の教育も現場の先輩スタッフが行うことが多いと言われています。飲み会や仕事外のイベントによって距離が縮まるのではなく、あくまで会社の理念に寄り添って両者の距離が縮まる機会としても注目されています。