必須!社員教育ですべきこと

まずは基礎を身に付けさせる

社員教育は、義務教育のように何らかの規定がされている訳ではなく各企業が自由に行います。自分達で考えたプロフラムを消化したり、社員教育を行っている企業に委託したり、最悪社員教育を行わなくても違法ではありません。 近年は社会情勢が厳しくなっているので、向かい風の中で仕事を継続しなければいけません。それ故に社員教育では精神面を強くするという動きが強くなっています。強い精神を身に付ければ辛いことがあっても簡単に辞めず、前を向いて頑張れる社員へ成長してくれるという願いが込められています。しかし、まず大切なのは適切な言葉遣いや文章作成能力など基礎の部分です。この基礎の部分をないがしろにすると、後々社員が恥をかきますし会社の教育方針も疑われます。

社員に色々考えさせる

社員教育をしっかりと実施しても、ただ実施するだけでは意味がありません。一番問題があるのは受け身の社員教育で、基礎や業界について学校の授業のように受けて終了するのはいけません。個々がしっかりと受ければ問題ありませんが、半分夢見心地で受けていても終了します。結局はしっかりと教育を受けた人材が結果を残していきますが、やはり入社させた全員が平等に結果を残さないと会社の底上げにはありません。 ある程度、社員の頭を使わせるような内容が望ましいです。クレームが発生した時の対処を実際やらせてみたり、今後の目標や計画を作ってもらうなどです。頭だけでなく体も使うようなものであれば、より印象が強くなり教育内容が身につきます。