どうしていますか?社員教育

社員教育の現状を解析!

社員教育と聞くと「新入社員」が頭に浮かびますが、既存の社員への社員教育も大事なポイントです。 既存の社員の場合は主にキャリアアップを目的に行いますが、内部教育は難しく外部セミナーへ出席させる等統一性を持たせられない点が挙げられます。講師をどう手配するのか、誰を対象にするのか、期間はどの程度にするのかノウハウがなければ難しいです。 新入社員の場合は、何を目的にするかで方法が違ってきます。即戦力に育てる為にOJTを採用するのか、ストレス耐性を養う為の業務とは無関係の社員教育を行うのか1人前に育てるプロセスは多種多様です。実際に教育を受ける社員にしてみれば「役立つ」教育を求めますが、必ずしも役立つ教育が行われているとは限りません。

「見て覚えろ」は過去の物!

以前は先輩社員がやっている仕事を見て覚える事が社員教育の1つとして考えられていましたが、細かい部分を教えて貰えずに業務の質の低下をもたらす可能性が高いので間違った方法として挙げられます。確かに細かい部分までうるさく指示や注意すると後輩社員は萎縮してしまい良い結果を得られません。しかし見守る事と放置する事は違いますので、教育係や先輩社員は進捗状況をキチンと把握しておきます。 1度に全部教えようとする方法があり、仕事の流れを掴む方法として活用されますが何をしているのか判らなければ意味を持ちません。何を教えられているのか一覧表を手元に置きながら教える等工夫が大事です。用語や挨拶の仕方等「ビジネスの常識」で知っているのが当たり前と思わず、知っているか確認する事も社員教育のポイントになります。